仮想通貨の仕組みとは?わかりやすく解説

仮想通貨の仕組みとは?わかりやすく解説 解説
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

前回の記事では仮想通貨の仕組みを解説しました。

【初心者向け】仮想通貨(暗号資産)とは?詳しく解説
仮想通貨。 今の時代誰でもその名称を聞いたことがあると思います。 そこで今回は仮想通貨について、改めてどういったものなのか仮想通貨の基礎知識を解説をしていこうと思います。

仮想通貨のメリットが大きく今後の活用が期待されているとお伝えしました。

今回はさらに掘り下げて、仮想通貨に必要不可欠な技術であるブロックチェーンや仮想通貨の取引の仕組み、種類について詳しく解説します。

スポンサーリンク

仮想通貨に必要不可欠なブロックチェーン

Blockchain

ブロックチェーンは「分散型台帳」とも言い、
仮想通貨の取引などの情報はそのネットワークにつながるユーザーのコンピューターに分散して保管されています。

この記録(ブロックチェーン)は仮想通貨ごとに存在します。

取引の情報は一定数の取引情報が入った「ブロック」という単位でまとめられています。
このブロックが連なるように保存されている状態が「ブロックチェーン」と言います。
ブロックチェーン上に記録された取引データは、全て公開・共有される仕組みになっています。

分散させることで、もしサーバーに不具合や故障が起きても、
ネットワークにつながっているユーザーによってシステムは機能をし続けることができます。

またブロックのデータを書き変えるには、
過去に生成されたブロックをすべて変える必要があります。
すべてのブロックを変えるということは事実上無理なので改ざんされることがほぼありません。

匿名性があることもブロックチェーンの特徴です。
取引の情報は先ほどすべて公開されると伝えましたが、
その情報はすべての情報ではなく「どのアドレスからどのアドレスに送った」という情報しか見ることはできません。

その為、匿名性を保ちながら取引をすることが可能です。

まとめると
・システム障害に強い
・改ざんは事実上不可能
・匿名性を保って取引できる
という特徴があります。

ブロックチェーンの技術は最近金融業界(最近フィンテックという言葉が多く使われています)や、
不動産など様々なところで活用されると期待されています。

ブロックチェーンの仕組みは何となくわかったと思います。
それでは次に仮想通貨の送金や受金の際はどのような仕組みになっているのでしょうか?

スポンサーリンク

仮想通貨の取引の仕組みは?

仮想通貨の取引の仕組みは?
ブロックチェーンは、ユーザーのコンピューターの処理能力を使って取引の承認をしています。
取引の承認の際にはハッシュ関数と呼ばれるもので暗号化された取引履歴(トランザクション)と
直前のブロックのハッシュ値が含まれています。

直前ブロックのハッシュ値と、「ナンス値」という特別な数字を見つけ出すことで取引の承認が完了します。
承認が完了することで送金や受金が完了されます。

この承認作業をすると、仮想通貨で報酬が貰えます。
そのことを「マイニング」と呼び、様々な企業が世界中で高性能なコンピューターを使って、
マイニングをしています。

仮想通貨は発行枚数の上限がありますが、
ビットコインなど多くの仮想通貨では新規での発行はマイニングでの報酬でのみ発行されます。

スポンサーリンク

仮想通貨の種類

仮想通貨の種類

仮想通貨=ビットコインと思っている方も多いと思いますが、
そうではありません。

現在、仮想通貨には様々な種類があり、
その数は今2500種類以上といわれています。

仮想通貨はすべて同じではなく、
その一つ一つに特徴などが変わってきます。

今回は有名な仮想通貨の中でいくつか特徴などご紹介していきます。

ビットコイン(BTC)

ビットコイン(BTC)

サトシ・ナカモトと呼ばれる匿名の人物によって考案された、
ビットコイン(BTC)は、2009年に運用を開始し、
世界で最も有名で最も多く取引をされている仮想通貨としてよく知られています。

このビットコインで最大の特徴として、
「管理者は存在しない」ということです。

その仕組みは先ほど紹介したブロックチェーン技術を使って、
ユーザーのコンピューターの処理能力を使い管理をしています。

仮想通貨すべての基軸通貨

世界中のほとんどの仮想通貨取引所すべてで取引ができ、
一番取引量が多い通貨です。

他の仮想通貨を取引する場合にも、
ビットコインで取引することが多く、
仮想通貨の基軸通貨として役割を果たしています。

ただし、現在は取引量の増加で送金などに時間がかかり、
その役割は決済ではなく、資産価値の保存として使われることが多くなってきています。

アルトコイン

またビットコイン(BTC)以外の仮想通貨のことをアルトコインと呼び、
アルトは代替えという意味があります。
ビットコインの代替えになるかもしれない通貨がアルトコインです。

このようにビットコインはすべての仮想通貨で圧倒的存在だと言えます。

マイニングが行える

上で記述したように、
ブロックチェーンは、
承認が完了することで送金や受金が完了され、
この承認作業(マイニング)をすると仮想通貨で報酬が貰えるとご紹介しました。

ビットコインが運用を開始した際に、
一躍注目を集めたのが、このマイニングでビットコインが新規発行されるという仕組みです。
ビットコインではそのマイニング活動活発で世界中でマイニングが行われています。

イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)も代表的なアルトコインの1つとして知られており、
その取引高もビットコインに次ぐ2位になっています。

イーサリアム(ETH)の概要

ビットコインで使われているブロックチェーン技術を、通貨システムとしてだけでなく、
広い範囲で応用することを目的に創設されたプロジェクトで誕生し、
ビットコインより機能を拡張した仮想通貨です。

スマートコントラクト機能

イーサリウム最大の特徴としてスマートコントラクト機能の実装が挙げられます。

この機能は一定の条件を設定しておけば、
自動的に条件に合っているかどうかをシステムが自動で判断し、
確認、実行が可能になります。

このスマートコントラクト機能のおかげで、
応用範囲が広く、不動産売買の際の契約やローン、保険契約の管理など、多くの分野への応用が期待されています。

リップル(XRP)

リップル(XRP)

リップル(XRP)はイーサリアム(ETH)と同じように代表的なアルトコインとして知られています。
他の仮想通貨と違い決済プロトコルとして開発されました。

またリップル(XRP)の特徴として管理者がいることが挙げられ、
米リップル社がリップル(XRP)を管理しています。

決済に革命を起こす通貨?

リップル(XRP)は数秒で決済を完了させることが可能な通貨システムです。
もともと国際送金を仲介手数料なしで、すぐに送金ができることを目的として開発されています。

世界の最大手の企業と提携

世界の有名企業200社以上との提携が進んでおり、
三菱UFJ銀行などの日本の大手金融機関も提携に参加を進めています。

また金融機関に限らず、多くの企業がリップルのシステムを活用したサービスの導入を進めており、
リップル(XRP)の目的である国際送金もそう遠くないうちに実現する見通しです。

ライトコイン(LTC)

ライトコイン(LTC)

ライトコイン(LTC)は、元Googleの開発者によって開発され、
ビットコイン(BTC)の次に世に出た仮想通貨として知られています。

またライトコイン(LTC)はビットコイン(BTC)のソースコードを利用しており、
ビットコイン(BTC)を改良して誕生したのがライトコイン(LTC)です。

よくビットコイン(BTC)が金貨、ライトコイン(LTC)は銀貨と言われます。

ブロック生成間隔

ライトコイン(LTC)の特徴として、ブロックの生成間隔の違いです。
ビットコイン(BTC)のブロックの生成間隔は約10分間隔で生成されますが、
ライトコイン(LTC)は約2.5分間隔でブロックが生成されます。

そのため、取引承認スピードがビットコイン(BTC)の約4分の1で済み、
決済システムとしてはビットコイン(BTC)より優秀です。
取引時間の短縮は、通貨システムとして利便性向上につながります。

セキュリティ性

しかし、ブロック生成時間が短いと、
承認作業(マイニング)の難易度低下と改ざんが容易になるので、
安全性に劣るという部分では注意が必要です。

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュ(BCH)は
ビットコイン(BTC)のユーザーが増えていくにつれて、
着金が遅くなるなどの問題を引き起こすようになり、その問題を解決するために、
ビットコイン(BTC)からのハードフォーク(分裂)によって誕生した仮想通貨で、2017年8月1日に登場しました。

ブロックサイズの違い

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴は、
取引データを格納する各「ブロックサイズ」をビットコイン(BTC)の1MBから8MBへ拡張することで
取引の処理能力を向上させています。

ビットコイン(BTC)では取引データの格納しきれずに処理速度が低下していた問題を
8MBと容量を大きくすることでビットコイン(BTC)に比べ、2倍程度処理能力を向上させています。

2018年、ビットコインキャッシュ(BCH)はさらにハードフォークをした

ビットコイン(BTC)からハードフォークし誕生したビットコインキャッシュ(BCH)は、
2018年にさらにハードフォークを行い、ビットコインABCとビットコインSVの2つにハードフォークしました。
ハードフォーク(分裂)した要因となったのは、開発コミュニティ内における開発者同士の対立です。

ブロックチェーンのブロックサイズの大きさや仕様、コンセプトなどの違いから対立をしました。

議論を重ねたものの決着がつくことはなく、
どちらがより多くのハッシュレート(演算量)を集めることができるかを競争するハッシュウォーに発展しました。
最終的に結果としては、ビットコインABC(BCHABC)がビットコインキャッシュ(BCH)の通貨単位(ティッカーマーク)や名称を引き継ぎ、
ビットコインSV(BCHSV)は「ビットコインSV」として、個別にプロジェクトを進めることになりました。

スポンサーリンク

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回は仮想通貨の取引の仕組みやブロックチェーンの仕組み、仮想通貨の種類について解説しました。
紹介した仮想通貨は上位の仮想通貨だけですが、仮想通貨は2000種類以上あり、
その中でも将来性のあるものやビットコインに取って代わりそうなものもあります。

気になる仮想通貨などを探して、購入などしてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました