【初心者向け】仮想通貨取引量第一位のビットコインとは?仕組みなどを詳しく解説

【初心者向け】仮想通貨取引量第一位のビットコインとは?仕組みなどを詳しく解説 解説
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

ビットコインは仮想通貨の代表格として知られています。
ニュースなどの仮想通貨に関するニュースでもビットコインは必ずと言っていいほど話題になります。

よく仮想通貨=ビットコインと勘違いしている人も多いほど有名なビットコイン。
今回はビットコインについて仕組みや、作られた経緯なども合わせて詳しく解説します。

スポンサーリンク

ビットコイン(BTC)とは?

ビットコイン(BTC)とは?

ビットコインは、2008年に突如ネットフォーラムに現れた「サトシ・ナカモト」という謎の研究者がビットコインの構想を論文として発表しました。ビットコイン(BTC)は「P2P(Peer to Peer)」方式によって管理者がいない画期的な新しい通貨として、2009年に運用されました。

ビットコイン(BTC)は「ブロックチェーン」という技術によって管理されます。「ブロックチェーン」は世界各地でマイニングを行っているユーザのコンピューター「ノード」によって取引履歴を記録する台帳が分散管理されていることから、分散型台帳技術と呼ばれるようになりました。そのためハッキングや取引の改ざんなどを行うことが困難(ほぼ不可能)になっています。

ビットコイン(BTC)はこのブロックチェーン技術を使ったパイオニアです。

発行枚数の上限がある

ビットコイン(BTC)は運営開始時点から、その発行枚数が2,100万枚までと決められています。
この上限はビットコイン(BTC)の仕様でそれ以上の枚数が発行されることはありません。

ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)でも上限が決められていることがほとんどです。

上限が決められているのは、法定通貨などは発行量などを中央銀行がコントロールすることができ、
景気の動向を誘導できるますが、通貨の流通量が増えると通貨の価値が下がりインフレが引き起ります。

ビットコイン(BTC)の場合は法定通貨と違い中央組織がないため、必要以上に発行してしまうと、取引市場にビットコイン(BTC)が余り、価値が下がる要因になります。このような懸念があるため、あらかじめ発行枚数の上限が決められています。

ビットコインの通貨単位

ビットコインの通貨単位は「bitcoin(ビットコイン)」です。
ビットコインを表わす記号にはBTC、XBT、があります。

補助単位としては、「mBTC(ミリ・ビットコイン)」、「µBTC(マイクロ・ビットコイン)」、「bits (ビット)」「satoshi(サトシ)」などがあり、satoshiはビットコインの作者であるサトシ・ナカモトを記念しつけられたビットコインの最小単位で、1億分の1ビットコインになります。Bitsは100万分の1ビットコインでμBTCと等しく、ビットと呼ばれます。(英語表記ではbits)

スポンサーリンク

ビットコインのハードフォーク

初心者の方にはわかりづらいハードフォーク。
ビットコイン(BTC)でのハードフォークとソフトフォークとの違いを解説します。

ハードフォークとは?

ハードフォークの「フォーク」とは、ブロックチェーンの分岐を意味します。
一本の鎖(チェーン)としてつながってきたブロックチェーンが、ハードフォークの時点で枝分かれすることから、このように呼ばれます。

ハードフォークが行われるとブロックチェーンが分かれます。
今まで同じだった通貨は分岐すると互換性がなくなり新しい通貨として使われるようになります。

チェーンが分岐しても、それぞれに互換性があれば、2本のチェーンは1つの通貨として存続していきます。
この場合はソフトのバージョンの違いのようなもので、そのどちらかのバージョンがユーザーに受け入れられればまた一つの鎖(チェーン)に収束し、
両方のブロックチェーンは合流します。

こうした場合はハードフォーク(分裂)に対してソフトフォークと言われます。

ハードフォークが行われる理由

ハードフォークが実行されるおもな理由は、取引情報を格納するためのブロックサイズが上限に達しブロックに取引情報が入らなくなるスケーラビリティ問題を解決するためです。

仮想通貨での取引を素早く進めるためには、スムーズなマイニング作業が求められます。しかしビットコイン(BTC)は取引量が多いため、検証・承認作業(マイニング)が滞りスムーズに取引ができなくなります。

この問題を解決するため、新たに仕様などを変えてスムーズに取引ができるようにハードフォークが行われます。

スポンサーリンク

ビットコイン(BTC)のマイニングとは?

ビットコイン(BTC)のマイニングとは?

ビットコインではマイニングを行う人が世界中に多くいます。
マイニングとはどういったものなのでしょうか?

取引記録の検証・確定作業がマイニング

ビットコイン(BTC)では、取引の情報を記録する方法として「ブロックチェーン」の技術が使われています。

ブロックには、ビットコイン(BTC)で行われた取引の情報がまとめられ、さらに「ハッシュ関数」という特殊な計算方法で暗号化された状態で収められています。この暗号を解読し、その取引に間違いがないかどうかを確認できれば、ひとつ前のブロックに関する情報を追加しブロックを作成することができます。
この暗号の解読と確定をすることをマイニングと呼びます。

マイニングについてはこちらもぜひ閲覧してください。

仮想通貨の仕組みとは?わかりやすく解説
前回の記事では仮想通貨の仕組みを解説し、 仮想通貨のメリットが大きく今後の活用が期待されているとお伝えしました。 今回はさらに掘り下げて、仮想通貨に必要不可欠な技術であるブロックチェーンや仮想通貨の取引の仕組み、種類について詳しく解説します。

このマイニングを行うためには、計算能力が高いコンピュータが必要になります。
そのためには高性能のコンピュータと電力が必要です。

なぜそこまでしてマイニングを行うのか?

それはマイニングを成功させると報酬としてビットコイン(BTC)が貰えるからです。
この報酬の為に、世界中でマイナーと呼ばれる人達が、日夜マイニングを行っています。

スポンサーリンク

今後のビットコイン

日本では2016年、仮想通貨を想定しつつ資金決済法が改正され、翌2017年4月に施行されました。この法律では仮想通貨を決済の手段として認め、取引の上で利用者を保護することを目的として、取引所に対してさまざまな規制をかけています。

この法律はマウントゴックス事件を教訓としたもので、仮想通貨の扱い高に応じた準備金を用意しておくことや、顧客情報と資金を安全な場所に隔離しておくことなどを求めた内容です。

新しい通貨の形として仮想通貨を認め、その発展のために不可欠である多くの利用者を保護するしくみを、取引所に求めるものとなっています。

仮想通貨を初めて買うのはビットコインがおすすめ

世界で初の仮想通貨で取引量も世界一の規模を誇るビットコイン。

ビットコインを持っていれば、ビットコインで他の仮想通貨とも取引ができるため、
まずビットコインを持っていれば間違いありません。

法定通貨でいうドルと同じような役割をもっているので、
初めて仮想通貨を買う人はビットコインをおすすめします。

スポンサーリンク

最後に

最後までお読みいただきありがとうございました。

今回はビットコインについて詳しく解説しました。
仮想通貨を学ぶ上でビットコインが最も重要な仮想通貨になります。

ビットコインも今後活用されることが多くなっていくと予想されていますので、
情報を集め、仮想通貨ライフをスタートしてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました