【初心者向け】今話題のFacebookが開発している仮想通貨「Libra」とは?概要を解説

【初心者向け】今話題のFacebookが開発している仮想通貨「Libra」とは?概要を解説 解説
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

今、SNSやニュースでLibra(リブラ)という名前を耳にしたことがあると思います。
Libra(リブラ)はFacebookが開発をしている新たな仮想通貨ですが、一体どういう目的で使われていくものなのか。
まだわからない方が非常に多いと思います。

そこで今回はLibra(リブラ)について初心者向けに詳しく解説します。

スポンサーリンク

Libra(リブラ)とは?

 

Libra(リブラ)は先ほど上記で紹介したように、SNSで有名なFacebookが開発している新たな仮想通貨です。

今までの仮想通貨と違い、価格変動が激しいものではなくステーブルコイン(価値が安定した通貨)として開発されています。
ビットコインなどは価格変動が激しいため投資や投機目的で使われることが多いですが、Libra(リブラ)はそれとは違い、決済や送金などに特化している通貨です。

スポンサーリンク

Libra(リブラ)の発行の目的

Libra(リブラ)の発行の目的

Libra(リブラ)の発行の目的は新興国や開発途上国などで銀行口座を持たない人でも、金融サービスを利用できるようにすることです。世界では約17億人が銀行口座を持っておらず、そのうち10億人がスマートフォンを使い、5億人がインターネットを利用できる環境にあるとされています。

新興国などでは、銀行口座を持つためのお金が払えずにいる貧しい人たちがたくさんいます。
Libra(リブラ)はこの貧しい人達が、金融サービスを受けられるように問題を解決しようとしています。
さらに既存の国際送金の際の手数料などをなくし、低コストで世界中のどの国でも送金できるように開発を進めています。

 

スポンサーリンク

Libra(リブラ)の価値が安定する仕組み

Libra(リブラ)の価値が安定する仕組み

最初にも少し触れましたが、Libra(リブラ)は価値が安定(ステーブルコイン)していることが特徴です。
Libra(リブラ)を購入したときに払った資産は、法定通貨や国債など変動リスクが少ない現実の資産で担保されます。
そうすることで裏付けられた資産(法定通貨などの現実資産)があるので、従来のビットコインなどの仮想通貨と違い需給によって価格が変動することはありません。
こういった仕組みがある為、価格変動が起こりにくく一定した価格で使用することができます。

一定した価格で利用できるということは実用性もあり、仮想通貨の中でもより決済、送金に重視した通貨と言えます。

 

スポンサーリンク

有名な大企業も開発に協力している

Libra(リブラ)の実用性は仕組みや機能だけではなく決済面や利用の幅にも期待がされています。
なぜかというと今までの仮想通貨と違い、有名な大企業が何百社も参加しているからです。

 

Libraパートナー

Libraパートナー

・決済: Mastercard、PayPal、PayU、Stripe、Visa
・テクノロジー・マーケットプレイス: Booking Holdings、eBay、Facebook/Calibra、Farfetch、Lyft、 Mercado Pago、Spotify AB、Uber Technologies, Inc.
・電気通信:Iliad、Vodafone Group
・ブロックチェーン:Anchorage、Bison Trails、Coinbase、Inc.、Xapo Holdings Limited
・ベンチャーキャピタル: Andreessen Horowitz、Breakthrough Initiatives、Ribbit Capital、Thrive Capital、Union Square Ventures
・非営利組織、多国間組織、学術機関: Creative Destruction Lab、Kiva、Mercy Corps、Women’s World Banking

 

このように名だたる大企業が参加しています。
中でも決済面では、Mastercard、PayPal、PayU、Stripe、Visaなど世界の決済システムをほぼ把握している企業が参加しており、Libra(リブラ)でも決済の活用がされることは確実でしょう。

仮想通貨での決済が世界中でそれほど浸透していない現状ですが、
このLibra(リブラ)の活用によって実世界やeコマースなどでも仮想通貨での決済が普及することが期待できます。

スポンサーリンク

ウォレットは専用のアプリを使う

Calibra(カリブラ)

Calibra(カリブラ)

ウォレットとは仮想通貨を保管するためのお財布をイメージするとわかりやすいと思います。
Libra(リブラ)は専用のウォレット「Calibra(カリブラ)」で管理します。Calibra(カリブラ)はiOSやAndroidで無料で利用可能で、ウォレットを利用するには国が発行しているIDや本人確認書類が必要になります。Calibra(カリブラ)を使えば、銀行口座がなくても世界中で決済や送金が可能です。

 

スポンサーリンク

Libra(リブラ)の発行はいつ?

Libra(リブラ)の発行の計画はFacebookによると2020年となっています。

しかし、世界中でLibra(リブラ)について議論が続いており、
日本時間18日に開かれたG7でLibra(リブラ)について強い懸念を発表し、規制を念頭に置くということで閉幕しました。

この発表でLibra(リブラ)の計画が大幅に遅れる可能性があります。

Libra(リブラ)は誰でも使うことができ、決済に特化した素晴らしい通貨ですが、マネーロンダリング(資金洗浄)などで悪用される可能性あり各国の政治関係者が批評しています。さらにこうした批評の最大の理由としては便利すぎるがゆえに法定通貨に取って変わってしまうという指摘もあり、そうなると各国の中央銀行や政治力などにも影響が出るため、使ってほしくないというのが理由ではないでしょうか。

また現在の日本の税制のままだと海外でのLibra(リブラ)での決済のたびに損益計算しなければなりません。
そうなると日本で使う人は出てこないのではないかという懸念も出てきています。

そうした中で開発を進めているLibra(リブラ)ですが、ぜひその問題を解決して世界中で利用できるようにしてほしいものです。

 

スポンサーリンク

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回はLibra(リブラ)について概要を説明しました。
大企業もプロジェクトに参加しているので、
どれだけ仮想通貨の普及に貢献するのかが楽しみな通貨です。

リブラについては各国で賛否両論の声も出ていますが、
便利な通貨になることは間違いありません。

まだ情報が出てきていない部分もありますので、
逐一チェックしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました