ビットポイント、仮想通貨不正流出で緊急会見「原因は調査中」 アクセスに必要な秘密鍵が不正使用か

ビットポイント、仮想通貨不正流出で緊急会見「原因は調査中」 ニュース
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

仮想通貨(暗号資産)交換業者のビットポイントジャパン(BPJ)が7月16日、緊急会見を開き約30億円の仮想通貨の不正流出の問題について謝罪した。小田玄紀社長は「流出の原因や経路は調査中」とし、現時点で判明した被害額などを発表した。

流出したのは、BPJがホットウォレットで管理していた仮想通貨。12日の問題発覚から15日までの調査で、
・リップル 2810万6343XRP(約10.2億円)
・ビットコイン 1225BTC(約15.3億円)
・ビットコインキャッシュ 1985BCH(約0.7億円)
・イーサリアム 1万1169ETH(約3.3億円)
・ライトコイン 5108LTC(約0.5億円)
の5銘柄で約30億2000万円相当が流出した。
そのうち、ユーザーからの預かり金額は20億6000万円相当だという。

bitpoint

bitpoint

また、同社が取引所システムを技術提供している海外の仮想通貨交換所の一部でも仮想通貨の流出が確認され、流出額は約2億5000万円相当とみられる。

「流出の対象は顧客5万人」と説明した。仮想通貨を管理するシステムのうち「ホットウォレット」と呼ばれる、インターネットに接続した部分が不正アクセスを受けた可能性が高い。アクセスするための暗号コード「秘密鍵」が不正使用された可能性があるという。原因や経路などの詳細は調査中としている。

ビットポイントの小田社長は、サービスの再開目処について「1日にも早くサービスを再開したいが、現段階では未定」とし、また、被害者への返済方法については、「日本円でなく仮想通貨による現物の払い戻しを検討している」と言及。返済日に関しては「安全が確保された段階で」と述べた。

今後は、ホットウォレットで管理する全ての仮想通貨をコールドウォレットへ移動させる他、外部専門家とホットウォレット実装における脆弱性を調査するなど、対策を進める。

タイトルとURLをコピーしました